志望校合格は高く険しい山のようなもの。東進は、その頂上に向かって一歩一歩誰もが登っていける階段を作りました。それが東進のスモールステップカリキュラムです。高校入門から超東大レベルまで、12レベルの講座を設置しているので、自分にぴったりのレベルから無理なくスタート。「簡単すぎる」「難しすぎる」といったことがなく、無理なく、確実に次のステップへ進み、頑張れば誰もが頂上まで到達できます。
東進では、授業後に毎回確認テストを実施し、授業の内容が理解できたかどうかをチェックします。テストはオンラインで行い、その場で採点。合格してから次の授業に進むので、曖昧な箇所を残すことはありません。さらに授業の全範囲修了後には、講座修了判定テストを受験。このテストに合格すると講座修了となります。 合格できなかった場合は、テストの結果で明らかになった自分の弱点箇所を復習し、再受験での合格を目指しましょう。
毎回の授業のあとに行われるテストです。 授業のポイントが理解できているかをチェックするもので、時間は10~30分。授業中に出てきた単語や文法の意味、解いた問題の類題などが出題されます。授業に集中して、1度の受験で満点合格を目指しましょう。
講座の全範囲を受講した後に受験するテストです。 時間は60~90分で、実戦形式の問題が出題されます。授業で学んだ知識を暗記しているかだけでなく、入試問題として出題されたときに解けるかどうかをチェックします。そのため確認テストよりも難しく、応用問題が多く出題されます。