東進模試は『絶対評価』。周りの状況に左右されることなく、志望校と現在の学力を比較します。
定期的に実施される連続模試だから、毎回受験することで、学力の伸びや「合格までにあと何点必要か」を常に正確に把握することができます。
東進模試は、実際の入試と同じレベル・形式・試験範囲で実施される『本番レベル』模試。本番さながらの真剣勝負だから、緊張感が違います。毎回『本番レベル』のため、学力の伸びを具体的な点数で把握する「学力のものさし」として活用できます。連続受験によって、模試間の学習効果の検証も可能。勉強法の改善にも役立ちます。本番同様「センター試験+二次試験」のドッキング判定※1も行っています。
学習の成果を分野別にわかりやすく表示した成績表を、最短で実施7日後に『スピード返却』。
模試を受けるだけで終わることなく、次の学習目標に向けた学習にいち早く取り組むことができます。
模試受験後に別の日程で『合格指導解説授業』を実施。核心をついた解説で、重要な問題の解き方を指導します。授業を行うのは、東進の有名実力講師陣。だから、解けなかったあの問題も、手に取るようにわかります。